大切なのは「何かを成し遂げたい」という思い

大切なのは「何かを成し遂げたい」という思い 川合 大無

社名株式会社シースタイル

事業内容■不動産メディア事業
・不動産に特化したWEBメディアの企画・開発・運営
■インターネット広告事業
・インターネット広告、検索エンジンマーケティング、ホームページ制作、システム開発

URLhttp://www.cstyle.co.jp

シースタイル_社内風景

Q1.事業内容を教えてください。

大きく二つの事業があります。一つはインターネット広告事業で、インターネット広告代理店、ホームページ制作、システム開発などを行っています。もう一つは不動産メディア事業で、不動産関連のWEBメディアの企画・開発・運営を行っています。もともとインターネット広告代理店からスタートしたのですが、現在では不動産メディア事業が主力となっています。

不動産というと賃貸や新築購入が真っ先に思い浮かぶと思いますが、当社ではそういったメジャーなサービスは行っていません。不動産を売る、貸す、土地を活用するなどといった、どちらかと言うとニッチなジャンルに特化してサービスを提供しています。当社が運営する不動産関連のポータルサイト「スマイスター」では、現在全国約600社の企業様とお取り引きさせていただいております。

Q2.事業を始めたきっかけを教えてください。

大学生の頃、就職活動をしていた際に、いざ会社説明会に行ってみても自分がそこ(企業)でいきいきと働いている姿が上手くイメージできませんでした。そこで、自分が本当は何をやりたいのかよくよく考えてみたとき「人生を使って何かを成し遂げたい」という思いに至りました。いきなり起業しても上手くいかないことはわかっていたので、まずは5年で3社の経験を積み、それから起業しようと考えました。
新卒では商社へ入社。その後ITベンチャー企業、大手インターネット広告代理店へと渡り、当初の計画通り5年後に起業しました。

不動産メディア事業を始めたのは、新しいビジネスを立ち上げようと考え市場調査をした中で、もっとも成功の可能性を感じたからです。また不動産業界のように、「気合い」の営業スタイルで動いている業界というのが、自分の肌に合っていたことも大きな理由です。

Q3.仕事の醍醐味を教えてください。

経営者として、会社を大きく成長させていくための組織づくりに仕事の醍醐味を感じています。もちろん組織づくりは一朝一夕にできることではなく、なかなか思うようにはいかないこともたくさんあります。しかし、そういった困難を乗り越えて会社が成長していくのを実感する瞬間はとても嬉しく、やりがいを感じます。

Q4.今後の展望を教えてください。

長期的には、今の会社を1000人規模にしたいという思いがあります。1000人を目指す理由は、それぐらい大きな会社になれば、より大きなビジネスを行えると考えているからです。その為にはまず「スマイスター」を不動産業界では知らない人がいないサイトにしていかなければならないと考えています。

Q5.影響を受けた本を教えてください。

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」です。
この本の内容は、それまで自分の思っていたことと重なる部分が多く、自分の考えは間違ってなかったのだと自信を持つことができました。

Posted in IT・WEBサービス, 不動産・建築, 広告・マスコミTagged