ユーザーと共にメディアは成長する!

Q1:会社について教えて下さい

弊社ではECメディアと一般ユーザーが情報発信を行うソーシャルメディアを軸に、ネイティブアプリとWEBメディアの運営を行っています。どのサービスも基本的に無料でご利用でき、広告収入によってメディアの収益が成り立っています。

また、インターネットが劇的に普及した2000年頃からメディアの運営をしていることもあり、運営ノウハウや継続的な幅広い顧客層を有していることが弊社の優位性として挙げられます。幅広い顧客層の中でも、様々な人々のライフステージに合わせてサービスの展開を行ってきたことも特徴だと思います。

例えば、ポイントタウン( http://www.pointtown.com/ )というサービスは男女30代後半〜50代前半の層に、プリキャン( http://prcm.jp/ )というサービスでは、女子中高生向けにサービスを展開しています

業界の中でも長期間にわたってメディア運営を行っています。

 

Q2:入社したきっかけを教えてください

大学在学中より司法試験の受験を続けていましたが、3年目の成績をピークに成績が停滞下降し、最終合格に至らず惰性になっているのを感じたため、8回目の不合格をきっかけに2006年に就職することにしました。30歳にして社会人経験がなかったため、法務職で雇ってくれる会社は中々見付からず就職活動に苦戦しましたが、成長中のIT企業である当社の法務職第1号として、運よく就職が決まりました。

Q3:醍醐味を教えてください。

司法浪人中に、憲法の芦部先生の「人間はみんな同じでみんな違う、だから人間は素晴らしく、個人の尊厳は何よりも重いのだ」という「価値相対主義」の考え方に強い感銘を受けました。

そのため、学生の頃に、「価値相対主義」の実現に少しでも近づけるような仕事をしたいという志がありましたが、気がつけば現職を通じてそれに寄与しているという立場にいることを実感しています。弊社のサービスにおいても、様々なユーザーがそれぞれの楽しみ方でサービスを利用していただいているように、インターネットメディアという新しいツールは、誰もが発信者にも受信者にもなることができます。、ひとつの事柄に対して多様な見方や考えかたを発信でき、その仕組みを通じて価値相対主義の実現に近づけてくれます。それが、この仕事の醍醐味だと感じています。

Q4:今後の展開を教えてください。

時代に合わせてスマートフォンアプリの分野を強化していきたいと思います。ユーザーとともにサービスが成長してきた経験があるので、しっかりとユーザーのライフステージを考えながら、その都度ユーザーが求めているサービスの受け皿になるサービスを拡充していきたいと考えています。

Q5:影響を受けた本を教えてください。

前述をしておりますが、芦部先生の『憲法』です。企業経営においても、「価値相対主義」の考え方は生きてくると思っています。

GMOグループにおいても様々な考え方を持った会社が存在しています。インフラ事業といったBtoB事業から証券事業やEコマース、我々のようなBtoCメディアを運営している会社もあります。

また、現在当社で働いている人も、それぞれ違ったバックボーンがあり、そういった個人個人の価値観を尊重しています。そして今後もそういうダイバーシティーな組織を強化していくと思います。

Posted in IT・WEBサービス, 広告・マスコミLeave a comment

国内外に食のインフラを構築する!

 

Q1:会社について教えて下さい

株式会社Globridgeの今のメイン事業は飲食店の運営です。首都圏に約60店舗、関西圏に約10店舗、海外ではオーストラリアとカンボジアにも事業を展開しています。

 

私たちは「食業維新」を目的として掲げており、世界中の食に関する問題を私たちの手で解決したいという思いで事業をしています。食を中心にお客様とリアルなコミュニティーを構築し、それをインフラ化することでお客様の食に関することをすべてサポート出来るサービスを作ります。

 

Q2:起業したきっかけを教えてください

最初についた仕事は大して面白くなくて、30歳が近づくにつれて焦っていました。そこで転職を考えましたが、自分に対する自信がありませんでした。口だけはうまかったのですが、実際には何もできないと自分ではわかっていました。

 

結果的に銀行系のコンサルティング会社に転職しました。最初は給料も安いですし、私自身も業界の事が全然わかっていない。きちんと話すことも出来ないのでクライアントさんが全然話を聞いてくれないという状態で苦労しました。ただ良かったのは、そこが人を育てることを大切にする企業だったことでした。12年間その会社で一生懸命仕事をして、最後には業績改善のスペシャリストになることができました。

 

その中で会社の仲間から新しい会社を作らないかと声をかけていただき、独立することになり、株式会社Globridgeを設立しました。いざ飲食業をやってみると、次第に面白くなってきました。毎日現金収入が入ってきますが、月末になると従業員の給料、光熱費、家賃などで一気に無くなってしまう。コンサルティングとは違う、リアルな経営がありました。忘年会のシーズンでうまくお金が貯まるように工夫していました。

Q3:仕事の醍醐味や大変さを教えてください。

起業の醍醐味はサバイバルですね。毎日コツコツ貯めたお金が次の月には一気になくなってしまうこともあるので、明日のために今日を生きるみたいなところが経営者にはあります。サラリーマンとは全く違う世界ですが、これを経験しているかいないかでは全然違うと思います。

ビジネスでは楽をすることは、私は駄目だと思っています。そうするとどんどん成長が止まってしまう。経営的にもいい状態を続けることはむしろ良くないと思っているんです。悪い状態の方がみんな学ぶ事が多いし、やらなければいけない事も増えるので、落ちる時はとことん落ちた方がいいです。ビジネスとはそういうものだと思っています。

 

また、仕事には意味を持たせるべきだと考えています。なぜ私達がお金を貰えるのかを突き詰めていくと、大きな目的にぶつかると思います。私はそれを意識していて、食文化を変えたいと思ってやっています。そこも醍醐味ですし、絶対にやり遂げたい領域ですね。

 

Q4:今後の展開を教えてください。


今はインフラを作るためにも店舗ネットワークを広げようと思っています。国内外に300店舗をやり遂げたい。300店舗になったときに年商300億になり、社員の平均年収が1000万円になることを目指しています。

Q5:影響を受けた本

たくさんありますが、そのひとつは孫正義さんの本です。孫さんが若い頃にみかん箱の上から社員に演説をしていたエピソードは、自分がやっていたことと重なりました。私は彼を経営者として尊敬しており、同時にライバルだと考え、負けたくないと思っています。

Posted in 未分類Leave a comment

民間から学童保育のあり方を変える

Q1:会社について教えて下さい

弊社は民間の学童保育として、『子育てが楽しい、子どもを産み育てたいと思える社会の実現に貢献する』というミッションを掲げ、2006年にスタートし、今年で10年目になります。

共働きの家庭では、子どもを保育所に預けられない、放課後に預ける場所がないという理由で、仕事を諦めなければならないなどの「小1の壁」という社会問題があります。このような背景を鑑み、弊社では、22時までのお預かり、及び夕食の提供、また、長期休みなど朝からお預かりする際には、昼食(お弁当)もご用意するなど、民間ならではの強みを活かし、保護者が安心して働ける環境を提供しています。

そのほか、小学校や自宅、習い事への送迎や、お子様の入室・退室時刻をリアルタイムで保護者にお知らせする「入退室管理システム」、急病時の医療機関への付き添い受診など、安心してお子様を預けられるサービスを徹底、充実させています。

 

また、小学生が学校で過ごす時間は、年間約1200時間です。一方、放課後と長期休みに過ごす時間は、約1600時間にもなります。お子様を単に「お預かりする施設」ではなく、「子どもたちの将来に価値ある時間を提供する施設」として、子どもたちの自発性・コミュニケーション力など人間力を身につけることを大切にしている点が、弊社の強みだと思います。

キッズベースキャンプは、「放課後の時間を“消費”から“投資”へ」をテーマに、遊びや学びの体験の中から“社会につながる人間力”を育むことを目指しています。

 

Q2:学童教育の方針について教えて下さい

学童教育の方針としては、キッズベースキャンプでは「自分軸」と「社会軸」の2つの軸を基に、独自に開発した日常プログラムやイベントプログラムを通じて、子どもたちが将来、自分が生きたい人生を切り開いていくための土台となる力を身につけて欲しいと考えています。

日常プログラムでは、挨拶やマナーをはじめとする『礼儀・道徳・規律』や、学習指導は行わずに毎日子どもたちが自ら宿題に取り組むような『学習習慣』を身につけることを目標としています。また、キッズコーチと共に、楽しい遊びの中で、友だちとの『人間関係形成力』や『コミュニケーション力』を養います。

イベントプログラムは、年間を通じてエコをテーマにしたボランティア、いのちの教育、イングリッシュ、クッキング、野外キャンプなど多彩なプログラムを企画しています。

なかでも、『KBCタウン』は、キッズベースキャンプの最大規模のイベントです。工場見学やグループワークを通じてビジネスの仕組みを学んだ集大成として、子どもたちが自分たちで模擬店を開き、街づくりをします。食べ物屋さんやゲーム屋さんを経営したり、銀行としてお金の管理をしたり、毎年子どもたちの熱気に圧倒されます。

キッズベースキャンプでは、子どもの好奇心・探究心を引きだせるように、身近なテーマで、遊び・体験を通して学べるプログラムを実施しています。

 

Q3:起業したきっかけを教えてください

 

キッズベースキャンプは、㈱エムアウトの一事業として生まれました。

エムアウトは、起業をビジネスにする会社。事業のインキュベーションからアーリーステージに特化し、成功確率を高め、キャピタルゲインを主な収入とするビジネスモデルの会社です。

そこで、私もいくつかの事業の立ち上げに携わった後、チャンスをいただくことができました。

当時、私は子育てをしていて夫婦共働きで、保育園などで相当苦労をしていましたし 、教育に感心がありました。そのため、「子ども×教育」の分野に絞りこみました。学童に焦点を当てた理由は、息子が「放課後の学童が面白く無い」と言っていた経験があったためですね。実際に息子が通っている学童を見に行ったのですが、そこでやっている内容が本当におもしろくなかったのです。同時に、社会全体の課題を感じました。そこで、実際にワーキングマザーの方々にインタビュー形式でヒアリングをした上で、どうにか親御さんと児童たちの悩みを解決できないか、児童が自ら学ぶことが面白くなり、親御さんも安心して預けられるような施設が出来ないかと模索しました。

初めは行政に頼ろうかとも思いましたが、法律などの様々なハードルがあり、民間でやるほうが早くフレキシブルに展開出来ると考え、一般の企業として事業化することにしました。

親御さんとお子様から選ばれる学童を目指しています。

 

Q4:仕事の大変さややりがいを教えてください。

  

前職にいた際に、失敗すれば出ていくしかない環境であり、期待してくださる利用者や協力者に迷惑をかけてしまうことのプレッシャーがありました。

それでも負けずに事業化出来たのは、紛れもなく応援してくれた方々のお陰で、非常に感動したのを覚えています。

創業当初は大変だったことも覚えています。保護者へのヒアリングや学校との関係構築など、自分たちで全て行いました。

一方、やりがいはダイレクトに保護者の声が聞けることです。現場のキッズコーチたちや、プログラム、サービス内容に対する高評価をいただく時は、非常に嬉しいですね。

  

Q5:今後の展開を教えてください。

  

今後は国際教育も強化したいと考えています。ただ英語を学ぶのではなく、英語を使って自分の言葉で会話をして心を通わせ、世界への関心を深めるとともに、日本人としてのアイデンティティを養うことや、自分の考え方を相手に伝えられるようになることを目的としています。

新しい試みとして、ベルリッツ・ジャパン株式会社の協力を得て、国際教育のための様々なプログラムを提供します。初めは遊びから入っていき、どんどん実用的な内容にレベルアップしていける仕組みになっています。交流やディベート、日本文化の勉強などもプログラムの中には含まれています。

子どもたちには、グローバル社会で活躍するために、他者とは異なる自分の強みを磨き、世界で輝く“自分らしさ”を身につけて欲しいと願っています。 

  

Q6:影響を受けた本を教えてください。

 

歴史的人物の伝記から影響を受けることが多いですね。その中でも、『竜馬がゆく』(司馬遼太郎著)には大変感銘を受けました。そして経営では、前職の上司である田口 弘(現:株式会社エムアウト代表取締役会長)が熱心なドラッカーファンであり、私もそれらを受け継いでいると思います。特に『マネジメント』や『ネクスト・ソサエティ』から非常に影響を受けました。

 

Posted in コンサル, 教育Leave a comment

日本初のモデルで急成長する、20代の若者による中小企業支援会社

Q1:会社について教えて下さい

弊社は中小企業支援の会社です。日本にある385万社の中小企業を元気にするために活動している、20代の若者で構成された会社です。

 

私たちは中小企業の本質的な支援のために、3つのフェーズにわけて事業展開しています。第1フェーズでは、広報活動で企業の認知度を上げるための活動をしています。第2フェーズでは採用の支援活動を行い人材の強化をしていき、第3フェーズでは中小企業のデータベースを築いていきたいと考えています。

 

そのため今からの話はあくまで第一フェーズの事業という位置づけなのですが、私たちは中小企業の広報プラットフォーム~ONLY STORY~。というサービスを運営しています。

 

今、日本の企業は中小企業が大半を占めているにもかかわらず、知られていない企業がほとんどです。だからこそ、企業の思いや事業内容を知って頂くために、私たちは社長に直接無料でインタビューをして、その内容をもとに記事をプラットフォームに掲載しています。現在は月間で30社ほど新規の会社を取材しています。今後はもっと掲載数を増やしていき、より本質的なプラットフォームにしていきたいと思います。

 

ただ、無料で取材して掲載しているのでは、会社として継続していくことができません。そこで、自社で日本初の「チラCEO」という日本初のビジネスモデルを考案しました。

 

これは企業の社長と話がしたいけれども、テレアポやメールを送ってもなかなかリーチ出来ない企業向けのサービスです。

 

これは弊社の取材先の社長に対し、

・取材

・記事作成

・記事掲載

・SNS拡散

までを全て無料で行う代わりに、取材先の社長様には、弊社のスポンサー企業様のチラシを説明する時間だけつくって頂き、そこでチラシを説明させて頂くというものです。

 

そうしてスポンサー企業から費用を頂くことで、無料で取材をしながら

収益化するのが、チラCEOのビジネスモデルです。

 

 

 

スポンサー企業にとっては、

 

・社長に絞ってFace to Faceで宣伝できる

・インタビューで信頼関係を構築した状態で宣伝できる

・興味があったら直接つなげるところまでやる

 

などのメリットがあります。

 

このモデルがあるからこそ、私たちは継続的に取材を続けることができているのです。

 

Q2:中小企業支援をしようとしたきっかけを教えてください

私が中小企業支援をしようとしたきっかけとしては、父親が中小企業を経営していたことが挙げられます。ちなみに叔父も経営者でした。そのような環境にいたので、小さい頃からたくさんの中小企業経営者の方々と会う機会があり、純粋に中小企業を好きになったことが、いたってシンプルな中小企業支援をしようと思ったきっかけです。

 

 

Q3:今後の展開を教えてください。

今後は先にお伝えしたように採用のための支援を第2フェーズで行い、中小企業のデータベース化を第3フェーズで仕掛けていきます。特に重要視しているのは、中小企業のデータベース化です。出来上がったデータベースを通じて、今後ビジネスマッチング化や、中小企業のwikipedia化をしていくことで、本質的な中小企業支援につなげていきます。

 

Q4:影響を受けた本を教えてください。

本は情報収集の一環として小さい頃から、良く読むようにしています。あくまで私が影響を受けた本なので、ベタなものも多いかと思いますが、例えば

藤田晋社長の『渋谷ではたらく社長の告白』(藤田晋著)は起業したい人にはお勧めですね。私の『ブラック・スワン』(ナシーム・ニコラス・タレブ著)なども考え方を学ぶために参考になった本でお薦めです。

 

あとは有名な本は一通り読むようにはしています。「Hard Things」(ベン・ホロウィッツ著)や「ビジョナリーカンパニー」(ジム・コリンズ著)にも大変影響を受けています。

 

また、本はインプットの手段の1つとしてとらえているので、本だけではなくインターネット記事なども情報収集に使ったりするなど、いくつかのメディアに分けてインプットしています。

Posted in 未分類Leave a comment

業界の常識は変えられる!アイデア重視の会社

Q1:会社について教えて下さい

弊社は『脱毛ラボ』という脱毛サロンの運営をしております。創業から5年6ヶ月が経ち、現在では日本国内ではグループ全体で80店舗程度、国外では、香港とシンガポールとタイに出店しております。

脱毛業界は競合が多く、広告費が高騰しておりますため「コストパフォーマンス」を最重視しております。その前提として、私自身を含め、その他役員も、あまり会社から多額の給料をもらうべきでないと考えておりますし、あまりお金への執着心を持たないよう努めております。かといって、利益はできるだけ社員に還元しないと会社は活気付きません。社員への投資は惜しまないよう心がけております。また、美容商材に関しましても、他社よりも高品質でないと勝ち残れないものと考えておりますので、独自開発の美容商材への投資も惜しむことはできません。それ以外の部分でコスト削減を考えなくてはならず、日夜頭を悩ませております(苦笑)。

 

Q2:起業に至った経緯を教えてください

もともと私はテレビ業界におりました。某局のADからスタートし、その後は放送作家を生業にしておりました。仕事は連日徹夜、朝までコースが当たり前という環境でしたので、何の取柄も無い私でしたが、おかげさまで、労働量と行動量だけに関しては自信が持てるようになりました。また、テレビ番組の平均寿命は1年ですので「1年後には仕事がなくなるかもしれない」という危機感を常に持つことができ、仕事への執着心が強くなりました。ただ、放送作家の世界には鈴木おさむさんのような天才が何十人といる恐ろしい世界でしたので、テレビ業界で一番を目指すことを、どこかで諦めていた自分がいました。そんな中、別業界で独立したほうがよいのではないかという考えが生まれたんです。

 

 「定額制のサービス」を始めようと思った契機は、私が以前通っていたスポーツクラブです。フィットネス業界では、当然のように定額制サービスが浸透しておりましたが、当時のエステ業界にはその定額制サービスがないという事に気付き「月額制全身脱毛サービス」を始めました。当時は定額制サービスを提供している競合企業がなかったため、大きなチャンスを感じました。

当時を振り返ると、当時の私は男性ゆえに脱毛の知識はもちろん、業界や競合に関しても、本当に知らないことだらけでした。しかし、知らなかったからこそ、突き進む事ができたのではないかと思います。

 

Q3:仕事の醍醐味や大変さを教えてください。

自分が考えた企画をすぐに実行できることが醍醐味ですね。前職のテレビ業界では、100個の企画書を書いても、1つも企画が通らないことが多々ありました。しかし、現在は、私自身が意思決定する立場なので、企画考案から実行までを単独で進めることも許されます。

また、「チャレンジ精神」を応援する社風があるため、年齢経験問わず、新しくて面白ければすべて採用します。企画や夢を実現させたいという人には、楽しんでもらえる社風と思います。

私がいたテレビ業界では、末端のADから放送作家もプロデューサーも全員が番組の成功を願っていて、番組がうまくいくと全員で手を取り合って喜ぶんです。全員が一体となって番組制作に熱狂するのです。弊社でもこのような熱狂を創出できる環境を目指しております。

 

Q4:今後の展開を教えてください。

2015年にモーニング娘。OGの方々を起用し「脱毛娘。」という企画プロモーションを行いました。創業当初から5年以上温めていた企画でしたので、これを実現できた時は、心から感動いたしました。私は、この脱毛業界を通じて、自分の夢を叶えさせていただいた立場なので、恩返しの意味をこめて、誰かの夢を叶えられる側になりたいと強く想っております。そんな想いもあって、脱毛の会員様をファッションコレクションのランウェイにゲスト出演させる「美人客のショータイム」というイベントや、社員スタッフのミスコン「ミスオブミス・エステティシャンコンテスト」というイベントも、命を賭けて大真面目に取り組んでおります。昨年は社員のサプライズ結婚式も行いました。半年間かけて仕掛けたサプライズで社員が涙を流してくれたときは、脱毛娘。の企画を実現させた時と同じくらい、心が震えました。

また、私はテレビ業界の出身ですので、店舗を「ステージ」。スタッフ一人一人は「女優」、そして私はその女優を輝かせる「舞台演出家」だと思っております。だからこそ様々な女優達にスポットライトを当てられるよう、才能を発掘し、開花させるためのキッカケを与える作業には命賭けです。今後は、才能を発揮するためのステージ(店舗)も、番組チャンネル(新規事業)に関しても増やしていきたいと考えております。大手IT企業(C社)は、新卒社員に子会社の社長を命じるんです、それくらい奇抜で勢いのある抜本的な人事は若い人の目から見ても魅力的ですし、そういった風潮や文化を創るのが理想です。特に弊社は、若い女性社員が多いので、20代前半の女性の目線で、夢を持てるような会社にしなくてはならないという使命感を持っております。

若い人は「経験が無いこと」「常識がないこと」が弱みであると同時に「常識に囚われず猪突猛進」できる強みを持っているので「成長させてやろう」という気持よりも「成長の邪魔をしない環境を作ろう」という気持が強くあります。

ある一定の期間、組織や業界に居続け常識に染まることで、イノベーションが起きにくい環境になってしまうことも、しばしば見受けられますので、持つべきものは、常識ではなく、「時代の変化とともに目まぐるしく変わる消費者目線」であると伝えております。

 

Q5:影響を受けた本を教えてください。

大真面目に答えると影響を受けた本は、ビジネス本、タレント本を含め、数百冊あります。ただ、少し砕けた話で、幼少の頃に受けた影響として最も大きかったのは、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の両津勘吉の存在です。彼の生命力と決断力に憧れております。彼は、英語が話せないにも関わらず「YES」「NO」の二語だけで、外国人と渡り合いビジネスを成功させてしまうんです。そして最後は、調子に乗って失敗する・・・人間は「大胆」な行動をしないと成功しないという教訓と、調子にのってはいけないという教訓を教えてくれた偉大な人物です。また、40年近く連載が続くのは、時代の変化とともに変わる読者心理に合わせてマイナーチェンジしつつも、両さんのキャラクターが全くぶれていないからではないかと分析しております。時代に合わせて少しずつ変化でき、かといって、軸がぶれない人間こそ、この厳しい競争社会の中で生き残れる唯一無二の存在になれるのではないかと、想っております。

Posted in 未分類Leave a comment