M2Mによる価値創造

M2Mによる価値創造 本田 和明

社名株式会社IDY

事業内容・M2Mルータの開発・製造・販売
・特定用途向けモバイルデバイスの開発・製造
・無線を用いたシステムの各種企画・提案

URLhttp://www.idy-design.com/

Q1.事業内容を教えてください。

弊社は無線を用いた業務用端末の開発からスタートし、現在は主に法人向けとして国内外で使用できるM2M(マシン・ツー・マシン)ルータや、特定用途向けのモバイルデバイスの開発・製造を
行い、小ロットでご提供しています。日本国内で開発、海外で実装を行い、国内工場にて組立および出荷ソフトウェアの書込、出荷検査を行っております。

Q2.事業を始めたきっかけを教えてください。

ほかの社長のように壮大な夢があって社長になったわけではありません。ただ、会社勤めでは、どうしても自分の信念に合わない仕事をしなくてはいけないこともあり、やりたい仕事を信念に基づいて行うためには、自分で会社を作ることが一番でした。

政治家になっても国や社会を変えるのは非常に難しいですが、企業ではすべてを決めることができ、世の中にない新しいものを生み出すことができます。自分で事業を起こし、サービスや商品を世に送り出すことで、自分の求める世界を実現し、世の中にない新しいサービスや価値を作り出せると思っています。

Q3.この仕事の醍醐味を教えてください。

まだ世の中にない新しい価値を作ることに面白さを感じます。
もちろん、新しいものを作り続けることは簡単ではありません。何よりもやり続けることが大事です。自分は幸運にももの生み出すことのできる環境を与えられています。その立場にいるからには、世の中にないものを作り出していくことは、自分の使命だと思っています。

一方で大変なのは、製品に不具合が生じた時の対応ですね。工業製品である以上、製品に不具合が生じることは避けられませんが、アフターフォロー次第でお客様の商品や会社に対する評価が変わってしまいます。そのため弊社では、不具合が出た時のフォローは人と人との信頼関係の問題として捉え、常に最善の対応ができるように心がけています。

Q4.今後の展望について教えてください。

既成概念に囚われない製品をどんどん生み出し、お客様にとって価値のある会社になりたいと思っています。お客様にとって価値のある会社であり続けるには、運用に耐え得る仕様・品質を常に考えていなくてはなりません。ハイスペックを謳う製品ではなく、運用に耐え得る仕様を追求し実装していくことが、お客様のサービスや新しい価値に貢献していけると確信しています―—。そのようなIDYの想いが詰まった製品を今後は海外市場で展開していきたいですね。

Posted in IT・WEBサービスTagged